五山の送り火

昨日、京都では五山の送り火がありました。激しい夕立があり心配しましたが、点火前には上がり、かえって涼しい中で綺麗な送り火を拝むことができました。

しかし、写真に収めるのは難しいですね。

行燈フェア

今年も当ギャラリーの前を流れる明神川で行燈フェアが開催されました。

今年は例年に無く、暑い日々が続いているので、涼しげな川の流れと行燈に癒されました。

さんやれ祭

IMG_0586.JPG IMG_0588.JPG

今日2月24日(土)は、さんやれ祭りと言うお祭りがありました。13歲になる男の子の元服を祝うお祭りです。年々、子供が少なくなって来ているので、最近では近隣の町内と合同でするようになりました。
鐘や太鼓を鳴らして、カキツバタで有名な太田神社から上賀茂神社の間を練り歩きます。

『毛糸あそび in kyoto 』展

ホームページでも告知しておりましたが、昨年ご好評をいただきました『毛糸あそび in kyoto 』展を

今年も当ギャラリーにて開催中です。

例年を上回る厳しい寒さの今年の冬、鮮やかな色合いのお洒落な毛糸製品や小物は、

一層温かみを感じます。

明日が最終日となりますが、是非、お立ち寄り下さいませ。

 

紅葉の感じ

上賀茂神社の紅葉の感じは、11月4日(土)現在、少し色付き始めた感じです。

今年は例年通り、3週目ぐらいが見頃になりそうですかね。

上賀茂 明神川 行燈フェア

ただいま、社家町space椋の前を流れている明神川では「明神川 行燈フェア」が開催されています。

上賀茂学区の子供たちが作成した絵や、切り絵が描かれた行燈が明神川の中でぼんやり浮かびあがり、幻想的な風情を産み出しています。

ただ、1個1個の行燈を目を凝らして見てみると、独特な発想で描かれた個性豊かな絵が心を和ませてくれます。

社家町 space 椋でも連日、このフェアの実行委員会が主催のイベントが開催されています。

今日はエレキギターが演奏され、これまた意外な組み合わせというか?独特な雰囲気で沢山のゲストを楽しませていました。

明日8/13(日)は最終日です。是非、日が落ちた涼しい社家町へ足をお運びください。

=================================

京の七夕協賛事業 ~上賀茂社家町遣り水~

明神川 行燈フェア 2017年8月9日(水)~13日(日) 午後7時から午後9時まで

※space椋での演奏会は無料で鑑賞いただけます。

二条城桜まつり2017~桜の宴~

一昨日、世界遺産・二条城で行われている桜の宴を娘と見に行って来ました

地下鉄東西線の二条城前駅から地上に出てきて目にしたのは長蛇の列!!

思わずこのまま引き返そうかと思いましたが、そこは根性で並ぶことを選択(*^^)v

…この判断は正解でした(笑)

列は意外にもスムーズに進み入城までそれ程の時間はかかりませんでした

咲き誇る桜の樹々は光と音の演出で青空の下で見るのとは全く違う幻想的で艶やかな美しさでした

春の夜風に吹かれ夢の中に舞い込んだようなひとときを過ごすことが出来ました

…ですが、やはり女ふたりは花より団子

茶店の赤い毛氈を見つけてまっしぐら!(^^)!

夜桜をバックに食べたほかほかのみたらし団子とほんのり苦みのきいた茶団子で身も心も満足でした

『都美』京の着物・手描き&和モード展

4月1日(土)~5日(水)まで、当ギャラリーにて

西村富恵様による『京の着物・手描き&和モード展』を開催しております。

西村様の着物に対する情熱は着物を見つめる優しい眼差しからひしひしと伝わってきました。

着物をリメイクして作られた華やかなドレスは伝統と先進が絶妙に調和された逸品です。

美しいものを創り出す喜びに溢れた作品が数多く展示されておりますので、

是非、お立ち寄り頂ければと思います。

 

 

京都産業大学 デザインクラブ『ファンタジー』展

3月21日~本日まで行わてれいた『京都産業大学 デザインクラブ』の皆さんによる展示は今年で3回目となり、すっかりこの時季の好例となりました

女の子たちは(恥ずかしかったのかな💦)逃げちゃいましたが、お茶目な男子学生たちに集まってもらい記念写真的にパシャリ(笑)

今年のテーマは『ファンタジー』とのことで、若い感性で描かれた表現力溢れる作品は

どれも色使いが優しく夢があり、ひとつひとつ見入ってしまいました

6日間、お疲れ様でした

来訪者の方々に接していた学生さんたちの朗らかな笑顔が好印象で、ギャラリー内がとても明るく穏やかな雰囲気に包まれていました

私も元気をたくさんもらいました♪

ご利用有難うございました

また来年も楽しみにしています(^o^)/

横綱 白鵬関

今日、上賀茂神社に横綱の白鵬関が来られていました。沢山の報道陣とSPらしき人達を従えて、土俵入りとインタビューを受けられていました。

流石に大きな身体と、貫禄をお持ちでしたが、日本語が日本人と変わらないぐらいに流暢に話されるので、驚かされました。